陳麻婆豆腐の素で味比べ

成都といえば麻婆豆腐発祥の地。これを食べないワケにはいかないです

お店の名前は陳麻婆豆腐

タクシーに乗って『陳麻婆豆腐』って書いた紙を見せたら着きました♪
陳麻婆豆腐

お土産に果物でもいかが?人気店の前だと売れるかな
陳麻婆豆腐

結構立派な佇まい。でもお値段は財布にやさしいので安心してたくさん食べれますよ~サイズ小で12元(約240円)、大きいサイズでもよかったのになぁ、でもイロイロ食べてみたいのでイイか。花椒のしびれる“麻(マー)”と唐辛子のからい“辣(ラー)”が食欲を増します。(そうそう、スーパーに行くと何かと麻辣味を目にしました。四川のソウルフード的な味なのでしょうか)うし的にはちょうど良い辛さでした。赤い油分が多くってギトーっとしているのかと思いましたがそんな事はなくって、あっさりと食べれました。麻辣効果かも

こっ米ぇ~お米はメニューに載ってませんでしたが聞いてみましょう。聞くと言っても筆談ですよ、最初“”って書いたら??って感じでスルー。違う人に今度は“米飯”って紙に書いて渡したらうんうんと。キター、御ひつみたいな物に入って来ました。少し多く2ー3人前でしょうか、こんなに入っていて確か4元(80円)でした。マーポー(マーボーではなく本場はマーポーって言うみたいです、カワイイ響き)は少し塩っ気があったのでごはんに合うし、必要でした。回鍋肉らしき物を頼んだり、やはり日本のそれとは別なんですね。おいしく頂きごちそうさま

王府井百貨店というデパートの食品売り場でお土産さがしをしていると陳麻婆豆腐の素があるではないか!日本に帰っても食べられるのは嬉しいので(東京には陳麻婆豆腐の店舗があるんですね、でもなかなか行けないもんなぁ)早速購入。2回分で約150円ちょっと。
陳麻婆豆腐

そして旅の最終日。たまたま行った所に陳麻婆豆腐がありましたよ、多分支店なのかと思いますが名前だけ一緒だったりするニセ店舗とか存在するのかなぁ?とりあえず本物と信じて入ってみます

今回は蟹黄豆花という豆腐料理にトライ。38元(約760円)マーポーよりお値段がしますが人気らしいんです。黄色がキレイでカボチャっぽい味がやさしい一品。蟹黄豆花味のスナック菓子まで見かけたので人気の味なんでしょうね

お食事を終えるとあら、陳麻婆豆腐の素が。先日購入した商品とはパッケージが少し違うーと思い、やっぱり店舗で買うのが本物かなぁ、と思いここでも買いました。4回分で約300円ちょっとと先日の商品とはほぼ同じ計算
陳麻婆豆腐

王府井百貨店で購入した素と店舗で購入した素2つを並べると
陳麻婆豆腐

なんだか似てるけど結構違いますなぁー。間違え探しに熱が入ります

箱入りか袋か、中国名菜の国の字の違い、陳麻婆豆腐の文字の間隔が少し違ったり、器の人の顔の向きが違ったり、書いてある内容も大方同じ

陳麻婆豆腐ってそれぞれのメーカーが出しているのかな?丸美屋の麻婆豆腐とかクックドゥーの麻婆豆腐のような?謎ですが2つを同時に作り比べてみました
陳麻婆豆腐

お肉やネギは用意しますよ、素は味の部分だけなんですね。仕上がりを見るとほとんど同じですが味は結構ちがいました。旅の最終日に陳麻婆豆腐で購入した素の方がオイシイです。気持ち的な問題?と思い目隠しして試してみるもやっぱり違います。という事でうしにとっての本物は店舗で購入した素でした!