雌阿寒岳 5合目まで編

年に一度くらいはちょっと遠くの山まで足を延ばしてみたく

今年は雌阿寒岳に決定

雌阿寒岳(めあかんだけ)に登ろうか雄阿寒岳(おあかんだけ)か迷いましたが、

アイヌの言葉で雌阿寒岳はマチネシリ(女山)で、雄阿寒岳はピンネシリ(男山)。男山ってお酒のことじゃぁなくってね(オホホ)

言葉のとおり女山の方がなだらかで男山よりも登りやすそうな気がしたので、雌阿寒岳にしました

100名山であり、活火山でもある雌阿寒岳

登る時には活動状況も気にかけておきましょうね


雌阿寒岳について

阿寒カルデラの南西壁上に生じた雌阿寒岳は、ポンマチネシリや阿寒富士など8つの小さな火山から構成される成層火山群で、玄武岩・安山岩・デイサイトの多種類のマグマが噴出した。

火山群中央部には約13000年前の火砕流噴出で形成された中マチネシリ火口(直径1.1km)がある。

ポンマチネシリや西山・北山・阿寒富士の火山体が形成された後に、約1000年前にポンマチネシリ山頂部で中規模のスコリア噴火があった。

その後は主に水蒸気爆発が頻発し、ポンマチネシリ山頂部にポンマチネシリ火口(旧火口と赤沼火口)が形成され、近年も数年おきに小規模な噴火が発生している。

気象庁より抜粋


前日はオンネトーキャンプ場に泊まり、オンネトーコースからの出発
雌阿寒岳登山総合案内板

雌阿寒岳オンネトーコース 登山口
雌阿寒岳 登山口

サンゴみたいな形だよね、黄色が目立つ ニカワホウキタケ
雌阿寒岳 ニカワホウキタケ

1合目 山頂まで3.7km
雌阿寒岳 1合目

仲良しの木
雌阿寒岳 仲良しの木

キノコマンション
雌阿寒岳 キノコマンション

2合目 山頂まで3.3km
雌阿寒岳 2合目

ハクサンシャクナゲがとってもキレイに咲いていたよ
雌阿寒岳 ハクサンシャクナゲ

3合目 山頂まで2.9km
雌阿寒岳 3合目

水滴をいっぱい貯めこんだ きのこ
雌阿寒岳 きのこ

4合目 山頂まで2.6km
雌阿寒岳 4合目

透明感のあるギンリョウソウ3兄弟はもうちょっと眠そう
雌阿寒岳 ギンリョウソウ

5合目 山頂まで2.2km
雌阿寒岳 5合目

雌阿寒岳 6合目から山頂へにつづくよ