成都行ったらパンダに会おう

4月10日(6日目)
成都でやるべき事の1つにパンダをみるって事

今日は日曜日。週末ということで現地のお客さんも多いに違いないよね。でも残り明日の1日しかないし、優先順位の高い事は特に出来ることは出来る内にした方が良い。そして雨や曇りの多いこのごろだけど今日は天気も良いから行きましょう♫成都パンダ繁育研究基地

新南門バスターミナルからバスに乗って行く事に。9時前に着いたもののバスは10時発らしく待つことに。ターミナル内の乗り口の方に入るには荷物のエックス線検査はもちろんの事、SWATと書いてある制服の人が数名いてSWATってあのSWAT?と同じかは分かりませんが厳しく警備されていました

ここのバスターミナルは東チベット方向へ行くバスがたくさん出ているからなのでしょうか?売店にはゆでとうきびが売っていて食べて気分だけでもホッこりさせようと思いましたがホテルで朝食をたくさん食べていたのでやめておきました。ちなみにそこのホテルの朝食には温かくて薄ーいオレンジジュースがあったのにはたまげました。コーヒーメーカーは壊れていて飲めなかったしなぁ

話はそれましたが、あまり便が無いのね。結局遅れて10時20分出発、熊猫基地へは1人20元(400円)結論から言うとタクシーで行けば良かったよぅーー。だって早く着くし朝早い方が動く姿見れるらしいしーと思いましたが、それはさて置きバスにはデートなのかお若いカップルや休日を楽しむファミリーが乗ってました

約40分で到着。結構人がたくさんいます。園内は結構広くここのところ歩きっぱなしなので疲れちゃいましたがカワイイパンダを見るとすべて報われます!遊覧観光車が園内を走ってますが入口の乗り場はスゴイ行列だったのと使い勝手がイマイチ分からなかったので使いませんでした。うしは飲み物とおやつ持参で行きましたがよかったです

成都パンダ繁育研究基地のホームページへ。オーペン時間(発音のネイティブイングリッスなオープン)など載っているのでご参考にどうぞ

こんな近くでパンダが見れるのは感激です
パンダ

お土産にいかが
パンダ基地

こんな赤ちゃんパンダも見たかったなぁ~みなさん映像の写真を撮るくらい愛でている
パンダ基地

下のパンダの目が描いた目のようでカワイイ
パンダ

ディズニーランド並みです
成都パンダ繁育研究基地

もっと見て居たかったけれどそろそろ移動しましょう、来たバスターミナルへ戻るバスもどこから乗れるのかよく分からなかったしちょうど寛窄巷子(カンサクコウシ)へ行くバスがあったので乗ります。ここも人がたくさん、食べ物屋さんが結構あって羊串を食べましたがおいしかったな、おかわりしました。1串10元(200円)

寛窄巷子(カンサクコウシ)

いろいろ食べてみたくなっちゃうなぁ
寛窄巷子(カンサクコウシ)

歩く余力が残り少なくなってきたので小洒落たスタバで休憩します。ここは入ってよかったですよ、上の階は眺めもなかなかイイしゆっくりできました。アイスアメリカーノでサイズはショートが無くってトールからでトール22元(440円)
寛窄巷子のスタバ

成都にはスタバ結構あるんですね、空港の出発ゲート内にもあって便利です