江差観光と上ノ国の温泉を楽しむ

こんにちは!寒くなってきましたよ、近所の木も少しづつ葉っぱが落ちてきて赤く色づいてきました

秋の旅情を誘う感じ?なので、以前から気になっていた江差観光と上ノ国の温泉で温まろうの旅へ

夜8時に出発、夜は周りの風景が真っ暗なのが残念なのですが、今夜はお月さまがとてもキレイです。日本海に月明かりが照って夜ならではの風景を楽しめました(前を見て運転しましょう 汗)

今夜のお宿?道の駅、上ノ国もんじゅまで約5時間。朝起きて見たら海を見下ろす良い景色です
道の駅もんじゅ

道の駅もんじゅ

朝ごはんに道の駅で“かたこもち”を買いました。べこもち?と思ったらこちらのほうでは“かたこもち”というようです。少し歯ごたえがあっておいしいよ、でもね、銀のかぶせ物が取れた!見事に虫歯ちゃん。。。いえいえ、良かった。ここで取れたから虫歯が早く(結構進んでる?)発見できたんだから。治療の事を思うとドンヨリしてきましたが、考えないでおきましょう

来る途中に変わった船が見えたので江差まで行ってみます。それは江差沖で沈没した江戸幕府所有のオランダ製軍艦“復元開陽丸”でした
開陽丸

開陽丸

お昼は横山家でニシンそばをいただきます

友達の横山さん家にお邪魔してーとかではなく、鰊御殿の道指定有形民俗文化財でニシンそばを食べれるんです

メニューは決められない私にはありがたく、ニシンそばのみで千円です

横の蔵の方は有料公開(300円)されていて“うなぎの寝床”と呼ばれる間口が狭くて奥行きの深い造りは本当に長くて外の入り口からは想像もできませんでした
横山家

横山家 ガラス

横山家 玄関

思わず正座してしまいます
横山家

横山家 こけし

やわらかいニシンの甘露煮がそばととってもマッチしてました
横山家 にしんそば

丸缶ようかんでお馴染の五勝手屋にも行きます

店頭にはススキが置いてありご自由にどうぞとあり、十五夜にちょうど良いステキなサービスをしてました

店内へ入り何を買おうか迷っているとビジネスマン風の団体さんが入ってきました。皆さん迷う事なくようかんを買って行きます

あぁ、ようかんも良いなぁ、と迷いつつもここでしか買えないであろう“あきあじ最中”などに。大487円と小281円があります、うしは小を選びました
五勝手屋お菓子

開けてみーるー
五勝手屋お菓子を袋から出した
カワイイー

さて、温泉へ向かいます。上ノ国方向へ戻り、天の川というロマンチックな川に沿って木古内方向へ。着きました湯ノ岱の国民温泉保養センター!うしはひなびた温泉が大好きです。ひなびたっていう言葉はうしにとって良い意味の言葉として使います
上ノ国国民温泉保養センター

期待通りでした。パンフレットによると泉質はナトリウム・カルシウムー塩化物炭酸水素塩泉で、珍しい炭酸泉。3種類の温度の湯船とうたせ湯があり、肩こりなのでしばらくうたせられました。泉質で床や壁が赤茶色でぼこぼこしていてそれが良い雰囲気を出している。350円という値段もうれしい。シャンプーや石鹸はないので持って行きましょう、女湯にはドライヤーひとつあり無料で使えましたよ
上ノ国からの函館通って帰りましょ へつづく